【二日酔い対策】飲む前と飲んでしまった後について

お得情報

こんにちは、トラストホームです。

今回は、二日酔いについて書いていこうと思います。

 

飲む前に、今日はたくさん飲んでしまうだろうなという日

翌朝に、今日も用事があるのに体調がすぐれないという日

のための対策を書いていこうと思います。

飲む前

一般的なのは

二日酔い対策用の飲料や錠剤を飲むことです。

 

色々な人と話していると、

同じ製品でも、全く効果がない!と

言っている人と、すごく効果がある!と言っている人がいるので

同じ製品でも、個人差があるのだと思います。

 

いくつかの製品を試してみて、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

脂肪を含むメニュー

ここからは、二日酔い対策の製品を飲み忘れて

飲みに行った際の対処法です。

 

脂肪を多く含むメニューは、二日酔いを防止してくれます。

 

なぜ、脂肪は二日酔い対策になるかというと

秘密は、「吸収される場所」にあります。

 

ルコールは、胃や小腸で吸収されます

しかし、脂肪は胃で吸収はされません

 

脂肪(油)で胃をコーティングすることで

アルコールの胃での吸収を遅らせることができます。

 

居酒屋に、よくある脂肪を多く含むメニューとしては

から揚げを筆頭に揚げ物

バターを使ったメニュー

サラダがあげられます。

 

揚げ物やバターは、脂肪が多いことが

わかると思うのですが、

サラダは、なぜ?と思った方も多いと思います。

 

しかし、サラダにはドレッシングがかかっています。

ドレッシングには、多くの脂肪が含まれています。

一番いいのは、オリーブオイル等のオイルがメインのドレッシングです。

 

さらに、揚げ物は出てくるのが遅いのですが

サラダは、頼むとすぐに出てくるので胃のコーティングに大活躍します。

二日酔いの朝

二日酔いの朝は、

だるい、頭痛がする、吐き気がする・・・

など、思い出したくもない、気持ち悪さがあります。

 

だるい、頭痛がするなどの症状の場合は

原因のほとんどは、脱水症状です。

 

皆さんもご存じの通り、アルコールには利尿作用があり

身体の水分が、大量に出ていき脱水症状になりやすいです。

 

対処法としては、スポーツドリンク味噌汁野菜ジュースなどの

塩分を含んだ飲み物を飲むことです。

 

なぜ塩分の含んだ物がいいかというと、

真水よりも、胃にやさしく吸収しやすいからです。

さらに、常温や体温に近い温度の方が

吸収しやすいので、早く水分を摂取することができます。

 

吐き気がある場合は、

すぐに治るということは、ないのですが

やはり、水分補給がお勧めです。

 

ちなみに、疲れているからと言って

お風呂にじっくりつかるなどはおすすめできません。

長風呂をすると汗が出ます。

水分がない身体から水分を出すのは、非常に危険だからです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

二日酔いの対策や、二日酔いの対処法について

少しでも役立てたのならうれしいです。

 

会社の飲み会や、友達と飲みに行くときは

同僚や友達にも教えて

みんなで楽しく飲んでほしいと思います!

 

話は、変わりますが

トラストホーム株式会社は、浄水システム、外壁工事、屋根の修繕等のリフォームや床暖房、

太陽光発電、蓄電池の販売を行っております。

 

住宅のことは、なんでもご相談していただけたらと思います。

 

トラストホームは、これからもリフォームや金沢の地元情報を発信していきますので

これからもよろしくお願い致します。

 

どんな会社なのか?金沢についてどんなことが書いてあるんだろうと

気になった方は他の記事も読んで頂ければと思います。

住宅リフォーム・お家のご相談はトラストホームへ!!

お問い合わせ

 

参考資料:

https://www.nomooo.jp/column/116897-2/

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO95249060X11C15A2000000/

https://epark.jp/medicalook/hangover-how-to-cure/

 

関連記事一覧