【太陽光発電の仕組みとは】ソーラーパネルと自然エネルギー

太陽光

こんにちは!

今回は、当社でも導入している太陽光発電についての記事になります。

太陽光発電と言う言葉は、聞いたことがあると思うのですが

どんな仕組みで発電しているのかは

わからない。知らない。という方が多いと思います。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、言葉の通り

太陽の光を利用し、発電を行っています。

 

太陽光発電と聞いて、思い浮かべるのは

主に住宅の屋根についているソーラーパネルだと思います。

しかし、住宅の屋根についているソーラーパネルは

太陽電池の集合体です。

太陽電池とは

太陽電池とは、光エネルギーを電気エネルギー(電力)に変換する

機能を持っている機器です。

電池という名前は、ついていますが電力を蓄える機能は備わっていません。

太陽電池の仕組み

まず、電力はプラスからマイナスの方向に流れています。

乾電池も、プラスからマイナスの方向に流れています。

 

太陽電池は、光が当たるとプラスになる部品

光が当たるとマイナスになる部品から作られています。

 

プラスになる部品とマイナスになる部品を

繋ぐことで乾電池と同じようにプラスからマイナスに電気が流れ

電気を使うことができます。

ソーラーパネルが使われてもの・場所

電卓/腕時計は、身近に使われている製品です。

電池交換の必要がなく、メンテナンスをほとんど必要としないことから

ソーラー付きの製品を買う人が多いと思います。

 

また、電卓や腕時計は消費する電力が少ないことからも

多くの製品に使われています。

工事現場/標識でも、ソーラーパネルが使われています。

工事現場で使われているライトの頭にも

ソーラーパネルが使われています。

 

電気を通すことが、大変なところでも

太陽の光さえ当たれば発電できるのは、非常にメリットだと思います。

人工衛星/宇宙ステーションは、身近ではないところで

使われているソーラーパネルになります。

宇宙で使われているソーラーパネルは、地球で使われているソーラーパネル

よりも、耐久性が高く作られています。

 

ちなみに、宇宙で使っているソーラーパネルの値段は

地球で使っているソーラーパネルの何倍もするのではないかと

気になったので、調べてみたのがわかりませんでした。

太陽光発電の割合が低い

日本では、2019年における自然エネルギーの割合が約18%で、

ほとんどの電力を火力発電や原子力発電に頼っています。

 

そのうちの、太陽光発電は約7%となっています。

 

日本での、発電における再生可能エネルギー(自然エネルギー)の目標は

2030年までに、22〜24%です。

約10年で約6%増やさないといけないということになります。

火力発電の発電コストが、現状では一番コストが少ないので

切り替えるには、さらに多くのコストがかかることが予想されます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

今回は、風力や水力、太陽光などの自然エネルギーにおいて

太陽光をピックアップし記事を書かせていただきました。

 

太陽光発電は、環境に良いだけでなく

節約効果もあります。

さらに、詳しく知りたいと考えている方は

こちらの記事も、一緒に読んでいただきたいと思います。

【電気代を安く】電力の切り替えと太陽光

 

最後になりますが

トラストホーム株式会社は、金沢や北陸を中心に

浄水システム、外壁工事、屋根の修繕等のリフォームや床暖房、

太陽光発電、蓄電池の販売を行っています。

 

住宅のことならなんでもご相談していただければと思います。

 

また、初回限定でWebからのお問い合わせで

「3000円のクオカード」もプレゼントさせて頂いております。

住宅リフォーム・お家のご相談はトラストホームへ!

お問い合わせ

関連記事一覧