外壁タイルの特徴やメリット・デメリット!!

外壁塗装

こんにちは!

トラストホームです。

 

今回は、外壁タイルの特徴や

メリットデメリットについて記事を書いていこうと思います。

 

リフォームや新築住宅の参考にしていただければと思います。

 

外壁タイルの特徴

・高級感がある外壁になる

・メンテナンスが簡単

 

外壁タイルのメリット

・耐久性が高い

・メンテナンスが楽

・耐汚性が高い

 

外壁タイルのデメリット

・コストが高い

・外壁の剥離が起こる

 

石川県・金沢市・北陸の外壁工事

リフォームは【トラストホーム】にお任せください!

 

相談・お問い合わせはこちらから

外壁タイルの特徴

タイルを使った外壁は、非常に高級感があるように見えます。

また、デザインも豊富なため

選ぶタイルによって、雰囲気が変わるので

周りの住宅の雰囲気に合わせるのもいいと思います。

 

タイルと言われるとよく使われている場所として

トイレやお風呂場を想像される方もいると思いますが

実際には、とてもデザインに優れた外壁用タイルもあり

選んでいただいた方は大変満足されています。

 

外壁タイルのメリット

耐久性が高い

耐久性が高いので、タイル自体のメンテナンスは

ほとんど必要ないです。

 

しかし、外壁のつなぎ目はタイル素材とは違うため

定期的なメンテナンスは必要です。

 

耐汚性が高い

タイルは元々、汚れに強いのですが

『防汚タイル』という商品もあり

非常に汚れに耐性があり、雨が降るごとに綺麗になります。

外壁タイルのデメリット

コストが高い

外壁タイルは、現在シェアが1位の窯業系サイディングと

比較した場合は、2~3倍も価格が変わってきます。

 

しかし、耐用年数や定期的なメンテナンス費用を考えた場合、

トータルとしてタイルの方が安くなる場合もあるので

 

家を建てる際や外壁リフォームをする際は

初期費用だけでなく

管理費や維持費をしっかりと考えることや

業者の方にわからないはきちんと聞いて

納得しご契約していただければと思います。

 

当社には、優秀なスタッフの方が多く

しっかりとお客様の疑問にお答えすることができます。

 

外壁タイルの剥離が起こる

外壁を選ぶ際に真っ先に考えるデメリットではないでしょうか?

 

しかし、実際に調査してみると

セメントに直接貼り付けたものが多く

 

近年では、『弾性接着剤貼り』という施工方法が普及してきており

昔に比べはがれにくくなってきています。

 

“弾性接着剤貼りとは

(1) 大形タイルの張り付けに適した速硬化タイプの接着剤です。

(2) 湿式及び乾式下地の内・外装のタイル張りに使用できる接着剤です。

(3) 内・外装用として多くの実績をもつ、耐久性に優れた弾性接着剤です。

(4) 一液タイプであるため、作業が容易です。

 

どんな、外壁にもメリットやデメリットはあるので

ご自身の地域の特性や

近隣住宅のデザインに合わせ、外壁を選んでいただければと思います。

 

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

外壁タイルの特徴やメリット、デメリットはわかっていただけたでしょうか?

 

外壁タイルを選ぶお客様は、外壁のデザインを気に入り

選ぶ方が多いように感じます。

特にタイルは、他の外壁に比べ高級感があり、メンテナンスが簡単です。

 

屋根と外壁を合わせて

リフォームや新築を建てる際は

非常におしゃれな家にできると思います。

 

当社では、外壁タイルの他にも

お客様のご希望に合わせ相談に乗らせていただいています。

 

外壁リフォームにおいて、ご不明点な点や、疑問をお持ちでしたら

なんでも聞いて頂ければと思います。

 

また、当社ではWebでのお申込み特典として

お問い合わせしていただいた方に

 

「3000円分のクオカード」をプレゼントさせていただいております。

 

数あるサイトから、読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせお待ちしております。

 

お申し込みはこちらから

 

参考資料:

https://myhomeplanner.jp/tile/#i-4

https://tile.cleverlyhome.com/knowhow/56

関連記事一覧