ALC(軽量気泡コンクリート)外壁のメリット・デメリットは?

外壁塗装

こんにちは

トラストホームです。

 

ALCとは、日本語だと軽量気泡コンクリートのことを言います。

主な素材は、文字通りコンクリートで

今回は外壁として紹介しているのですが

屋根や床など多くの場所で使われています。

 

さらに、住宅以外でもショッピングセンターや

高層ビルでも使われていることからも

信頼性が高いことを伺えます。

 

今回はそんなALC外壁のメリット、デメリットについて

書いていこうと思います。

 

ALC外壁のメリット

・耐久性が高い

・断熱性が高い

・遮音性が高い

 

ALC外壁のデメリット

・つなぎ目が多い

・防水性が低い

 

石川県・金沢市・北陸の外壁工事

リフォームは【トラストホーム】にお任せください!

 

相談・お問い合わせはこちらから

 

ALC外壁のメリット

耐久性が高い

ALC外壁ですが

やはり一番の特徴は耐久性になります。

 

適切なメンテナンス(防水加工など)を

行うことで外壁の寿命は約50年にもなります。

価格も他の外壁に比べると少し高くなるのですが

耐久性の高さからいい買い物になると思います。

断熱性が高い

ALC(軽量気泡コンクリート)は名前の通り

外壁の中に気泡が入っています。

 

そのため、断熱性能が非常に高く

外の気温に左右されることが少なくなり

非常に住みやすい環境を保ってくれます。

 

夏や冬は、快適な温度にするために

冷房や暖房を使うことで

光熱費が高くなりがちですが

断熱性能の高い家では、光熱費を抑えることができます。

遮音性が高い

これも、気泡がはいっているおかげで

遮音性能が高まっています。

 

住宅地で、隣の家から騒音が聞こえる・・・

子供がいて、うるさいと苦情を言われたことがある・・・

など

 

近隣住民とのトラブルはできるだけ少なくしたい

考えている方も多いと思います。

 

壁の中に、遮音性能の高いものを

付けるのもいいですが、

外壁だけで済ませたいと考えている方には

非常におすすめの外壁になります。

ALC外壁のデメリット

防水性が低い

ALCは、吸水性が高い外壁のため

外壁塗料が非常に大切です。

 

耐久性の高さを上記で

説明させていただきましたが

外壁塗料のメンテナンスを怠ると

凍害の影響や、経年劣化が早く進むなどの

問題が発生し、耐用年数が大きく変動します。

つなぎ目が多い

モルタルなどとは違い、パネルを貼り付けていくことで

外壁にしていきます。

 

ALCのパネルとパネルを使うために

接着剤のような物(シーリングなど)を使っていきます。

 

そのため、デザイン性の低下や

継ぎ目のメンテナンスも必要になってきます。

ALCの簡単なメンテナンス方法

継ぎ目やシーリングに割れがないかを

1年おきには見てほしいと思います。

 

ALCの耐用年数にかかわらず

見つけた際には、業者に連絡し補修してもらうことを

おすすめします。

 

初期の段階で気づくことで

費用を大きく抑えることができます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

ALCは、住宅地などで騒音に悩まされている方や

同じ家に長く住みたいと考えている方におすすめです。

 

新築住宅も外壁リフォームも

決して安い買い物ではないので、しっかりと検討し

理解し、ご契約して頂きたいと思います。

 

当社では、優秀なスタッフが多く在籍しており

お客様のお役に立てると思います。

 

外壁リフォームにおいて、ご不明点な点や、疑問をお持ちでしたら

なんでも聞いて頂ければと思います。

 

さらに、当社ではWebでのお申込み特典として

お問い合わせしていただいた方に

 

「3000円分のクオカード」をプレゼントさせていただいております。

 

数あるサイトから、読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせお待ちしております。

 

お申し込みはこちらから

 

参考資料:

https://gaiheki-com.com/cms/useful/post-1299/

関連記事一覧