• HOME
  • 外壁リフォーム
外壁塗装

GAIHEKI

外壁塗装

GAIHEKI

外壁維持管理のご案内です。
外壁の性能を長期間維持し、美観を保つためには建築時の標準施工法による施工はもちろんのこと、ご自身で点検して頂き適切なメンテナンスをすることが重要です。
もし適切な維持管理がされず放置されると、外壁のみならず建物自体の寿命を縮める結果にもなりますので、お早目のメンテナンスをおすすめします。 外壁は太陽光(紫外線)、雨風、雪、気温の変化等、過酷な条件下さらされています。 外壁表面に耐候性のある塗装がほどこされ、外壁材間には防水シーリングがほどこされて建物を保護してます。
塗装及びシーリングは永久的なものではありません。定期的なメンテナンス(再塗装、シーリング打ち)の実施をおすすめします。
外壁の塗り替え時期目安は?
外壁の塗り替え時期目安は?
壁材種類 目安築年数
サイディング 5~8年
モルタル 6~10年
木版 5=~10年

点検は、年に一度程度実施して下さい。
塗り替え時期は、サイディング外壁は築後5~8年、モルタル塗装外壁は築後6~10年、木板外壁5~10年を目安です。
「ひび割れ」や「剥がれ」が生じてからの補修リホームは、下地の補修工事が必要になることがあり、その分の費用が上乗せされます。耐用年月の目安を参考に。

外壁塗装は材質に合った施工を
外壁塗装は材質に合った施工を

外壁材は、窯業系サイディング、金属サイディング、モルタル塗外壁、木板張り(木材壁)等の組み合わせで構成されています、材質にあったメンテナンスが必要です。
たとえば、窯業系サイディングでは「ひび割れ」や「剥がれ」が生じる前に実施、「ひび割れ」や「剥がれ」が生じてからの補修リフォームは、下地の補修工事が必要になることがあり、その分の費用が上乗せされます。
金属サイディングでは、メンテナンスフリータイプも見受けられますが、経年劣化による変色や変形よる耐候性の低下します、水をはじく塗装や汚れを寄せ付けにくい塗装などがあり、上塗り(塗装)することにより耐候性を復活させます。性能を長期間維持し、美観を保つためには必要不可欠です。
モルタル塗外壁では「ひび割れ」や「剥がれ」が生じる前に実施、「ひび割れ」や「剥がれ」が生じてからの補修リフォームは、補修工事が必要になることがあり、その分の費用が上乗せされます。

自分で出来る外壁の点検方法
自分で出来る外壁の点検方法
①塗装面の点検

年月の経過と共に塗装面が変化します。外壁表面を手で軽くこすって下さい、白い粉や塗装の色が多めに付くようであれば、塗装の劣化が進んでる証拠です。塗り替え時期です。

②シーリング材の点検

シーリング部(壁の継ぎ目や隙間)を目視して、ひび割れがないか、剥がれているかを点検して下さい。剥離、割れが大きい場合は薄いゲージ(名刺等)を差し込み、奥まで入るようなら、機能を失っており、打ち替えの時期です。

外壁塗装の施工料金は?
外壁塗装の施工料金は?

外壁塗装は、
既存壁の上に新しい塗装をほどこすのが一般的です。

既存塗装の状態が悪く、新しい塗装が定着しにくいと判断した場合は、既存塗装を削るなどの下地加工が必要な場合があります。

次の表は建坪40坪/200平米の場合の施工費用の目安です。

施工内容
参考価格
仮設足場
12万円~20万円
高圧洗浄+ケレン
2万円~3万円
養生
4万円~6万円
シーリング
10万円~25万円
下塗り(シーラーなど)
20万円~30万円
中塗り(シリコン系)
20万円~35万円
上塗り(シリコン系)
20万円~35万円
雑塗装(鉄部/雨樋など)
10万円~15万円
上記一式
約100万円~150万円
よくある質問
よくある質問

窯業系サイディングは主原料としてセメント質及び繊維質原料を成型し、養生・硬化させたものです。現在新築戸建て住宅の70%超に使われてます。

外壁材は、太陽光、雨水、風雪、台風などの自然環境条件やメンテナンスの実施程度によって、その耐用年数に大きな影響を受けます。外壁の性能を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。