停電でも大丈夫! オール電化で災害に強い家づくり!

オール電化

みなさんの家はもうオール電化ですか?

北陸は他の電力会社さんに比べ、電気代が安い事もあり、
オール電化の普及率が高い地区です。

それでも良くお客様から「オール電化にすると停電や災害の時に何も出来なくなるからねぇ・・」と言われます。
確かに・・と思われがちですが、実はそんな事も無いんです。

今回はオール電化についてまとめてみました!

オール電化って?

そもそもオール電化住宅とは、調理や給湯、暖房などの熱源を全て電気で賄っている住宅の事を言います。
オール電化住宅の設備としては大きく3つあります。

① 調理設備

調理をする際、ガスコンロではなく、電気を使ったIHクッキングヒーターを使用します。

これは内部に配置されるコイルに流れる電流により、鍋やフライパンなどの調理器具を振動させ、誘導加熱の原理で発熱させます。
その為、IHクッキングヒーター自体は熱を発することはありません。

また、熱伝導が非常に高いため、エネルギーロスが少ないのも特徴のひとつです。

② 給湯設備

お風呂などのお湯を沸かす際、ガスや灯油などを使い都度お湯を沸かすのではなく、
室外に設置したファンが外気を吸収し、その圧縮熱(ヒートポンプ)でお湯を沸かします。

深夜の安い電気代と併せ、外気も活用することで従来の燃焼式給湯器(ガスや灯油)と比べても省エネルギーでお湯が沸かせます。


③ 暖房設備

ガスや灯油を利用した暖房器具ではなく、電気を利用した暖房器具
(電気ストーブやこたつ、ホットカーペット等)を使用します。

近年ではヒートポンプ式や炭素繊維を通電させるタイプの『床暖房』や夜間の安い電気代で蓄熱し、
それを日中放出させる『蓄熱式暖房』など様々なタイプのものがあります。

オール電化の経済メリット

よくオール電化住宅は経済的」や「お得」と言われますが、何故でしょうか?
理由は大きく2つあります。

① まず、光熱費を1本化することで、夜間の安い電気料金プランに加入する事ができます

注)各電力会社さんによってプランは異なりますが、北陸電力では下記プランが適応になります。(2018.04 現在)

※北陸電力『くつろぎナイト12』概要
・夜間の電気料金は平日の昼間の半額以下でとってもお得!
・夜間割引適応の20時~8時までの12時間、ゆっくりくつろげます。
・土日祝日は平日に比べ、昼間の電気料金がグーンとお得!

② 実はとっても省エネ設備!

よく、「オール電化にしてガスや灯油を使わなくなるのは分かるけど、その分電気代かかるんじゃない??」って言われます。

確かにその理屈は良くわかるのですが、これが、実は電気代に換算するとこれがビックリするぐらい安いんです!

例えばIHクッキングヒーター
4人家族が毎日3食作っても、電気代は1日たったの30円程!(3食作るご家庭も少ないと思いますが・・)

ちなみに、500CCのお湯を沸かす場合
・電気ケトル(1.2kw)・・・・・・・・約175秒
・IHクッキングヒーター(3kw))・・約85秒
何と半分程!

パワフルな加熱で調理時間もグンと短縮できます。

また、エコキュートもメチャクチャお得です。

先に説明したように空気の熱と夜間の割安電力で効率的にお湯を沸かせるので、
4人家族で1日460リットルのお湯を沸かしても1日の給湯光熱費は約66円程です。

どうでしょうか?
まだオール電化じゃないよって皆さん、是非、今利用されている光熱費の明細をよーく見てみて下さい。

オール電化の安全性

オール電化はよく「経済性」だけフォーカスされがちですが、利用していて一番感じるのは
その『安全性』です。

何と言っても火の気を使用しないので、火事の心配がありません。
実際、実家でひとり暮らしをしている母親も以前はガスコンロを使用していたのですが、

何度かコンロを空焚きしたり、買い物に出かけても消し忘れて無いか心配になり、家に戻ったり・・・。
「年齢には勝てないな」と弱音を吐いておりましたが、今はオール電化に替えて離れて暮らす僕たち兄弟も安心しています。

災害にも強いオール電化

このように「経済的」で「安全」なオール電化も冒頭に書いた通り、「停電や災害時は何もできない」と言う理由で敬遠される方もいらっしゃいます。
僕自身も研修で同じ質問をしていたので、気持ちは良くわかります!

でも、実は心配される人ほど、真剣にオール電化を考えて欲しいのです。

例えば停電ですが・・
確かに停電で電気を使うことが出来なければ、お湯を沸かすこともIHで料理をすることもできません。

ただ、よく思い出してみて下さい。
ここ5年で停電で生活に支障をきたしたことはあったでしょうか??

確かに僕が子供の頃はよく停電が起こった記憶があります。
慌てて懐中電灯を探し、ローソクの火の元家族で寄り添い合う非日常感に子供心ながらワクワクしていたので、良く覚えています。

しかし、今はどうでしょう?

大きな停電はそうないですよね?

また、停電時にいつものように湯船につかったり、料理をしたりするでしょうか??
IHは確かに使えないのですが、お湯を沸かしたりする程度であれば、携帯用のカセットコンロを1台持っているだけで
十分『お守り』になります。

ちなみにガスや灯油のボイラーも着火時は電気を使いますので、お湯を沸かすことはできません。

これがエコキュートであれば、タンクの中のお湯(水)を使う事ができます。
例えば、停電時であってもタンクの中のお湯を使いシャワーや洗顔もいつも通り行えます。
注)機種やメーカーにより停電時の挙動は異なります。

また、災害などで断水になった場合も、トイレ等の生活用水として利用する事が可能です。
このように、停電や災害でもオール電化にすることの弊害はほとんどなく、場合によっては
オール電化だからこそ補える部分も多数あります。

まとめ

どうでしょうか?

オール電化にする事により経済的なメリットはもちろんですが、
何よりも「火を使わない」安全な生活を手に入れてもらえます。

また、停電や災害に弱いと思われがちなオール電化住宅はむしろ予期せぬ事態の備えにもなります。

ただ、お値段が・・・と言われるアナタ!
実はオール電化のプレゼント企画をやってます!

ただ、どうしても条件に合うご家庭のみになるのですが・・。
興味のある方は是非お問合せ下さい!

高澤 孝

3,556 views

はじめまして!高澤です。 トラストホームでは販売&お客様サポートを担当させて頂いています。

プロフィール

関連記事一覧