覚えておくと便利!金沢の天候の特徴はコレだ!全国との比較も

金沢のお役立ち情報

金沢に旅行を考えている人、引っ越しを考えている人、または金沢に引っ越してきたばかりの人。
そんな方々が気にするものが金沢の天候ですよね。

関東や東北など地域が違うと結構、天候の違いや特徴もあったりします。

そこで、今回は金沢市の天候の特徴と過去のデータをまとめてみました。
住んでいないと分からなかったことも数字でみるとだいぶ分かりやすいです。

また、金沢の天候の特徴をつかめば、お家のリフォームする際などに参考になるかもしれません。
金沢に長年住んでいる私から見た金沢の天候の特徴やアドバイスも書いたので、参考にしていただければ幸いです。


石川県観光PRマスコットキャラクター『ひゃくまんさん』

 

金沢市の天候の特徴

金沢市の天候の特徴は湿度が高く日照時間が低いところです。

湿度が高いと体感温度も高く感じます。
そのため夏は気温に対してジメジメした暑さを感じるので暑いです。

平均気温は東京と同じくらい


※気象庁 過去のデータ1981年-2010年の平均値より

平均気温で見ると東京とほとんど同じような気温になっていることが分かります。
私の勝手なイメージで、北陸は雪がたくさん降るから寒いイメージを持っていましたが、グラフにしてみるとそんなことないんですね(-“-)

確かに冬は寒いですが夏は涼しいかといわれれば、そんなことはありません。金沢の夏は気温が高く、湿度も高いため、じめじめした暑さを感じます。

日照時間が少ない

日照時間を見てみると他の地域に比べ少ないことが分かります。
この表を見ると秋田もだいぶ少ないですよね!

金沢美人って聞いたことありませんか?
金沢って日照時間が短く湿度が高めなので美人が多いとかなんとか。

日照時間が短い=焼けにくいので白い肌、湿度が高い=肌が潤っている、らしいです。
これでいくと秋田も美人の方多いのも納得できますよね。

また、金沢は日照時間が短いので外に干しても洗濯物が乾きにくいんです。
部屋干しはいやだわ、どうにかならないかしらって方にはサンルームをお勧めします。
雨が降っていても洗濯物は干せますし部屋とは別なので生活する中で匂いも気になりません。

私事ですが、実家に最近サンルームを設置したんですが、洗濯物を干す場所が増えて日当たりもいいので母親はとても満足しています。
毎日の洗濯物を干す作業にイライラしていたので見ている私も嬉しいです。

冬の降水量が多い

金沢の降水量が気になる方も多いのではないでしょうか。そこで金沢市と東京で年間の降水量をくらべてみました。

グラフで見ると金沢は冬に降水量(雪)が多くなり夏にはやや降水量が下がります。一方東京は真逆で、夏に降水量が多くなり冬には少なくなっています。
これは日本海側と太平洋側の天気の特徴ともいえ、原因は季節風(モンスーン)からきていると言われています。

季節風は海から吹いてきます。そのため湿気がこの風にのって日本に運ばれ雨になります。夏は太平洋側から冬は日本海側から湿気が運ばれてきます。

日本は太平洋側と日本海側を分けるように山々が連なっており、その影響もあり太平洋側と日本海側で気候に特徴が分けられます。

日本一の雷日数

金沢なんですが、なんと日本一多いんです!
ずっと石川県に住んでいて確かに多いなぁとは思っていましたが、まさか日本一とは…

下の表を見ても分かるように東京の約3.5倍もの雷が落ちているんです。
近隣の福井県や富山県に比べても差が出ています。数字で見て私もびっくりしました。

ちなみに金沢市では11月~2月の冬の時期に雷が多いです。
夏に限定してみれば金沢も東京と変わらない日数の雷になっています。

世界的に見ても、冬の雷は珍しいそうです。ずっと石川県に住んでいたので当たり前に感じていましたが、、、

友達や知り合いで家に雷が落ちた!なんて聞くんですが、これってだいぶ珍しいですよね。
日本一、雷の多い地域といえども雷が落ちるのは毎回怖いです。

【おまけ】アイスクリームの消費量が日本一!

そしてなんと石川県金沢市は1世帯あたりのアイスクリームの年間支出額が日本で一番なんです。
自分の家でアイスは割と常備してます。個人的な意見ですが冬のコタツで食べるアイスは最高です。

そして都道府県別にみると沖縄県が最下位みたいです。
沖縄は気温が高いのでアイスクリームよりもシャーベット系の方が売れるらしいです。

これはマメ知識ですがアイスには賞味期限がないんです!表記をみても賞味期限が書かれていません。
冷凍保存したアイスには菌の繁殖が抑えられるためだそうですよ~。
極端な話、10年前のアイスも適切な温度で管理されていれば食べれるそうです。目から鱗です。

『弁当忘れても傘忘れるな。』

金沢市の方なら聞いたことがあると思いますが『弁当忘れても傘忘れるな。』という金沢を含め北陸地方で言われていることわざです。

これは雨がよく降るという意味合いもありますが、1日のなかで天気がよく変わることからきているそうです。この天気は日本海側特有のものともいわれているそうです。

私は3年ほど愛知県に住んでいた時期もありますが、愛知県に比べると確かに石川県は雨が多く、天気が崩れやすいです。
晴れていたと思ったら突然、強い雨が降って困ったなんてことは多々あります。

そのため、金沢に訪れる方は必ず傘を用意しておきましょう!

私はまめなタイプではないので会社には傘を常備していることが多いです。もしくはダッシュで車まで行くタイプです。(笑)

また、雨が多いので車から降りる際に荷物が多くて濡れてしまうというイライラもあります。
そんなときはカーポートがあると便利だなと思います。雨にぬれずに荷物も運べますし自転車なんかも置いておけます。
また玄関前に風除室を作って荷物をとりあえず置いておく場所があっても便利だと思います。

 

まとめ

金沢市は湿気が高く雨の降りやすい地域です。
そして日本一雷が落ちる地域でもあります。

ことわざで『弁当忘れても傘忘れる』など言われたりするほど、天気がよく変わります。
さっきまで快晴だったのに、突然大雨になるなんてこともよくあります。

また全国的にみても日照時間も短いので洗濯物は干せるときに干しましょう。対策としてはサンルーム設置をして洗濯物を乾かす場所を作るということもいいかもしれません。
また個人的にはカーポートの設置や玄関前に風除室を設置するなども、おススメします。

 

山本

3,018 views

仕事と子育ての両立がんばります☆趣味は映画鑑賞です☆

プロフィール

関連記事一覧