• HOME
  • ブログ
  • 太陽光
  • 太陽光をお考えですか?メリット・デメリットを簡単にまとめました、参考にどうぞ!

太陽光をお考えですか?メリット・デメリットを簡単にまとめました、参考にどうぞ!

太陽光

皆さんこんにちは!トラストホームと申します。

突然ですが、皆さんは太陽光の導入をお考えでしょうか?
近年では、太陽光の売電という考え方も普及し、多くの方が太陽光の導入を検討し始めています。

しかし、ここで気になるのは、「売電によって本当にお得になるのか?」「他にはメリットはあるのか?」「どんなデメリットがあるのか」という点ですよね。

太陽光の買い物は決して安いものではないため、慎重になると思います。

そこで、今回は太陽光の導入を検討している方に向けて、太陽光発電のメリット・デメリットについてお伝えしようと思います。

現在、年間50件以上の太陽光施工実績を持つ弊社が、実際のお客様が気にしている点を中心にまとめたので、導入を考えている方には参考になると思います。是非参考にしてみてください!

太陽光発電のメリット

まずは、太陽光を導入することのメリットを説明したいと思います。

メリット①:自宅で使用する電気代が安くなる

太陽光を導入することで、毎月かかる電気代を安くすることができます。太陽光で発電した電気は自宅で使用できるため、発電している間は、電力会社より購入していた電気が不要になります。

上手に発電ができれば、自宅の電気代を0円に抑えることも可能です。また、オール電化のご家庭では光熱費共に0円にすることもできます。

4kWの太陽光場合、一日の発電量の平均は12.5kWhです。一方でご家庭の一日の消費電力は約12kWhですので、太陽光で電気の自給自足ができることが分かります。

メリット②:余った電力を売電できる

また、太陽光で発電した電気は電力会社に売ることができることです。

そのため、使わずに余った電気を売電することで、発電した電気を無駄なく活用することができるのです。

また、1度手続きを行ってしまえばその後は手続きなしに発電した電気を電力会社へ売ることが可能です。何もしなくても勝手に自分の口座にお金が入ってくるのは有難いですね。

メリット③:エコな発電方法である

太陽光発電は発電する過程で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しません。また大気汚染物質も発生させないので非常にクリーンなエネルギーです。

また、太陽光で発電されるエネルギーは再生可能エネルギーであるため、将来心配されているエネルギーの枯渇を防ぐことにも繋がるのです。

メリット④:非常用の電気として使用できる

太陽光で発電した電気は、非常用の電気としても活躍します。

例えば、停電になった時でも、太陽光発電を行っていればそこで発電した電気を使用することができます。また、東日本大震災などで電気の復旧がなかなかされなかったときなどに炊飯器が使えたなど、非常時の電気としても活躍します。

日常生活で当たり前に使っている電気ですが、まったく使えないことを考えるととても有難いですね。

太陽光発電デメリット・課題・問題点

便利な太陽光発電ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリット①:設置導入にかかるコストが高い

昔に比べて太陽光設備の価格は下がってきていますが、やはり設置導入にかかる費用は高いです。載せるkwにもよりますが、大体100万円~がほとんどです。

デメリット②:瓦の書類によっては屋根の伏せ替えが必要

太陽光パネルを設置する際の架台の規格で瓦の種類が合わない場合があります。
その場合は屋根の伏せ替えが必要な場合があります。

デメリット③:太陽が出ていない夜間の発電は不可能

太陽の光によって発電されるので太陽の出ていない夜間に発電はできません。

デメリット④:お申込みから設置や申請までに時間がかかる

2018年現在、太陽光の設置には経済産業省の認可が必要となります。認可になるまでに3~6カ月の時間がかかっております。
数年前まで申請自体すぐにかけれたのですが今は手続きが複雑になっております。

デメリット⑤:蓄電池がついていない場合、蓄電することは出来ない

蓄電池がない場合は蓄電が出来ないため、太陽光で作られた電気は「使う」か「売る」かの2択になります。
知らない方もいらっしゃるんですが電気って貯めれるんです。蓄電池がついている場合、夜に停電になっても電気はつかえます。
使いたいときに使えるってとってもいいですよね!

デメリット⑥:天候によって発電量が左右される

太陽の光によって発電するため雨の日などの発電は難しいです。
また雪がパネルにかかっていると太陽の光がパネルに届かないため発電はされません。
しかし太陽光パネル自体、微量の熱をもっているので通常屋根にのっているよりも溶けやすいといえます。

まとめ

簡単に太陽光のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。
こちらのページでは簡潔にわかりやすく、まとめてみました。
他にも専門的な部分もありますが割愛させていただいております。

太陽光発電で1番、気になる点は費用対効果かと思いますが弊社ではどれくらいの発電量が見込めるかのシュミレーションも行っております。是非参考になさってください。
また疑問点や気になることがあれば何でもお聞きください!

山本

3,018 views

仕事と子育ての両立がんばります☆趣味は映画鑑賞です☆

プロフィール

関連記事一覧