床暖房は良い?徹底解明します!!

遠赤王

こんにちは、トラストホームです

冬も本格的になり、寒さが増す一方ですが、

みなさんのお宅ではどんな暖房を使用していますか?

 

今回は最近良く耳にする床暖房について調べてみました!

気になる費用や、メリット、デメリット等徹底解明します!

床暖房の特徴・種類

床暖房の特徴

床暖房は足元から直接温める伝導熱と、

部屋全体に広がる輻射熱の組み合わせで温める暖房です。

 

「頭寒足熱」ということわざがあり、

人間は頭を冷やし、足元を暖めるのが健康に良いとされています。

エアコンやストーブ等と違い、燃焼物が屋内にないという安全面や、

風がないのでチリやホコリの舞いが心配ありません。

空気が乾燥しにくいのが特徴で、風邪等の空気感染のリスクの軽減にも期待出来ます!

次に、床暖房の種類について解説します!

温水式床暖房

 ※リンナイ製 温水式床暖房参照

床暖房は大きく分けて温水式と電気式の2種類あります。

床下にパネルや配管を設置し、お湯を流して暖める「温水式床暖房」

電気式と比べると、床下にパネルやパイプを設置するため、

工事期間が掛かり、費用も多く掛かるのがデメッリトの1つです。

 

ただ、電気式と比べると、熱効率が良くランニングコストが安いのが特徴です。

また、エコキュートで併用出来るタイプもあり、

より効率よく使用出来ます。※床暖房対応エコキュートのみ対応可能

もちろん、ガスや灯油で使用出来る物もあります。

リビング等広いお部屋に適しています。

電気式床暖房

 

※MOZU製 施工マニュアル参照

電気を通す事で発熱する「電気式床暖房」

温水式床暖房とは違い、比較的工事が簡単に出来るのが特徴。

リフォームに適しているため、後から付ける人が多く、

施工費も温水式床暖房と比べると安価で済む事が多いです。

しかし、熱源がないため、立上りに時間がかかるのがデメリットの1つです。

ランニングコストも温水式床暖房と比べると少し高い物が多い様です。

トイレ、脱衣場等、部分的に入れるのに適しています。

色々な暖房との比較

実際床暖房とその他暖房ではどちらが良いか調べてみました。

速暖性 持続性 導入費 ランニングコスト 安全面
床暖房 × ×
エアコン
石油ストーブ × × ×
ホットカーペット × ×

・床暖房は立ち上がりが遅いが持続性には優れている。

導入費は高いが、ランニングコストは石油等と比べると安い。安全面は◎

・エアコンは部屋が温まるのに少し時間がかかるが持続性は高い。

ランニングコストは少し高いが、安全面は床暖房同様◎

・石油ストーブは速暖性は高いが、電源を切るとすぐに冷える。

灯油代がかかるうえに、火災等の恐れがある。

・ホットカーペットは立上りはもちろん、持続性も薄い。

導入費は安いが、電気代もそこそこかかるうえに、低温火傷の被害も多い。

実際に使った人の声

温水式床暖房

富山県在住:M様 ガス(エコジョーズ)床暖房使用

立上りはやはり時間がかかるが、温まるとしっかりと暖かい。

タイマー機能を使用して、起床時にはポカポカに(^O^)

ただ、温水の循環が冬場に凍結しないように、

定期的に不凍液を入れてもらわないといけない。

頻繁に使った時はガス代が少し高くなった。

 

石川県在住:S様 エコキュート(コロナ製)床暖房使用

オール電化導入時にエコキュートで使えるタイプの床暖房を導入。

費用はかかったが、温まると床暖房のみで生活できる。

電気代は他の家より高いかもしれないが、ガスや灯油代が無い分安く済んでいる

電気式床暖房

石川県在住:K様 遠赤王(MOZU製)床暖房使用

フローリングのリフォームの際に床暖房を導入。

最初は半信半疑でしたが、いざ使ってみるとかなり暖かいです!

ただ、導入費用は・・・(>_<)

 

福井県在住:N様 遠赤王(MOZU製)床暖房使用

古い家でかなり寒い家でしたが、

床暖房を入れてからは、大変心地よく生活が送れています。

導入費、ランニングコストはかかりますが、工事も比較的簡単で済みました。

※当社にて施工されたお客様の感想(1部抜粋)

床暖房は必要?

色々な暖房器具があるなかで、まずは自分のライフスタイルにあった物を選ぶのが1番!

例えば、良く家に居る方には床暖房はお勧めです。

 

温まれば床暖房のみで生活できるくらい暖かく、

安全面や乾燥しにくい事から体にも優しく暖房を取れます。

上半身だけ暑い等、温まり方のムラも少なく、

小さいお子さんや年配者の方からも喜ばれています。

 

反対にあまり家に居ない人には不向きかもしれません。

電源のオンオフが多いと効率が悪く、ランニングコストに影響します。

エアコンと違い暖房のみの機能しかなく、導入費もその他暖房器具と比べると高めです。

リビング等、面積の広い部屋に付けられる方は温水式床暖房の方がお勧めです。

導入費用はかかりますが、ランニングコストの削減や、暖房効率UPが見込めます。

リフォーム時等に、部分的に入れる方には電気式床暖房がお勧めです。

工事が比較的に簡単に済み、配管等の設置が無いため、無駄なく導入できる。

最後に

個人的には床暖房はお勧めです。

僕自身も床暖房を使用して感じた事が、とにかく暖かいという事です。

工事が必要な分、導入費がかかるのは仕方ありませんが、

ランニングコストは使用状況によって変わります!

北陸は雪国なので、床暖房は大活躍です(*^^*)

これから床暖房のお家はどんどん増えていくと思います。

 

トラストホームでは、エコキュートの設置、床暖房の設置ともに行っております。

さらに、浄水システムや太陽光発電、蓄電池の導入や

屋根や外壁等の住宅リフォームも行っております。

 

住宅の事なら何でも、なんでも聞いて頂ければと思います。

 

また、当社ではWebでのお申込み特典として

お問い合わせしていただいた方に

 

「3000円分のクオカード」をプレゼントさせていただいております。

 

数あるサイトから、読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせお待ちしております。

 

お申し込みはこちらから

樋爪高久

5,751 views

こんにちは!トラストホームの樋爪です‼

プロフィール

関連記事一覧